(株)日根野勝治郎商店

初代日根野治郎が昭和二十七年、
壬生に店を構えました。
現在は西陣に店を移し、
三代に渡り京染め悉皆業を営んでおります。
日本の中でも有数の染めの産地として
知られる京都のこの土地で、
長年にわたり蓄積してきた
膨大な数の図案や友禅型、染見本を活かし、
高い染織技術を持つ百五十以上もの
専門加工業社との連携により、
京染めの総合プロデューサーとして、
また京染めの未来を担う会社として
わたしたちは
日々、丁寧なモノづくりを行います。

京染め実績

アイテム、素材に合わせた技法の提案で、
組み合わせは1000種類を超えます。

アイテム×素材×技法

日根野勝治郎商店の強み

  • 京染めの全ての染色工程を把握する総合プロデュース力

    当社は悉皆業として、室町西陣の呉服問屋、小売チェーン、アパレルメーカーなど約30社からの加工委託依頼を受け、白生地から前加工、染色、後加工、仕立てまでの全工程を総合的に行っております。また、染替え、古着のリメイク加工業も行っております。

  • 150の専門加工業社が集まる圧倒的な技術・対応力

    各種染色技法や各工程ごとにいらっしゃる専門加工業者様150社余りの中から、生地、加工ロット、コスト、納期等、その商品にあった業者様や加工を選定し、商品を作り上げることができます。また、小巾から広巾、絹以外の素材への染色加工も行っております。

  • 三代にわたり培ってきたノウハウの蓄積

    代表 勝久の父、治郎が創業した日根野染織(株)(創業1950年)からのノウハウを引き継いでおり、その蓄積は、明治・大正・昭和初期からの図案も含め、現在まで、草稿・図案:約2,000柄以上、染色見本:10万部以上あります。

  • 立ち止まらない未来を見据えた開発力

    化学染料以外に天然染料(草木染)等を使用した染色も行っており、国内他産地(青森、伊豆大島、奈良、島根、兵庫等)との連携も行っております。また、染色加工以外にも、傘の製造やショール、座ぶとん、バッグ、のれん等様々な加工もしております。