京染め実績

山科絵

大津絵の流れをくむ山科絵。
山科絵絵師が描いた額裏です。

この製品に使われている技法

  • 広巾引染め

    左右の柱に生地を張ってそこに刷毛で染料を染めていきます。ムラ無くそめるには長年の技術が必要となり、その日の湿度、染料との微妙なバランスで染めていきます。額裏やショール、服地等も染色しており、1m程度の生地幅のものまで染めることが出来ます。
  • 素描友禅

    生地に直接染料を筆や刷毛で絵画調に描いて表現する技法です。 糊糸目は使わないので無線友禅とも呼ばれています。 染料に糊を入れてにじみを防ぎ、色を定着させます。 染料をふでにつけ、日本画のように表現する為、素描きと呼ばれています。
この記事をシェアする
Twitter
Facebook
2018.02.03

似ている条件の製品を探す

  • 龍図 男性用額裏 素描友禅
  • 龍と蛇 男性用額裏 広巾引染め・素描友禅
  • 柳に蛙 男性用額裏 広巾引染め・素描友禅